学校案内

校長メッセージ

教育目標

理学療法・作業療法を通じて、人の為に働くという、心に火種をもってもらい、
その火種を大きく燃やし続ける情熱を持つことを目指す。
対象者様のことを第一に考えられる熱い気持ちを持ったセラピストの育成を目指す。
障がいをもった対象者様の人生に関わるという大変難しいテーマについて、
真剣に考えることのできる真摯な態度の育成を目指す。

学校長からの挨拶

心の小さな火種を大きな情熱に。

大阪リハビリテーション専門学校(OCR)は、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)の養成校として2000年に設立されました。2009年にはPT・OT・ST3学科の昼間部を新たに大阪保健医療大学として改編・開学し、OCRは理学療法学科の夜間単科校として歩んでいましたが、2013年に作業療法学科を再開し、現在に至ります。

夜間・3年制というOCRには、厚生労働省の指定を上回る豊富な臨床実習と授業があります。高い国家試験合格率と100%の就職率を誇ります。高度な専門知識と実践的な技術、そして心を育みます。本校の教育目標を一言でいえば、「対象者様のことを第一に考えられる、熱い気持ちを持ったセラピストの育成を目指す」こと。あなたの心にともる小さな火種を大きな情熱に育てて、いつまでも熱く燃やし続けてほしいと私たちは考えています。それが、「一生涯、自分の問題点を見つけ、成長し続ける理学療法士・作業療法士を育てる」という教育方針につながっています。

3年という短い期間で国家資格を取得するのは簡単なことではありません。しかし、OCRには開校20余年で培ったノウハウと、多数の優秀なセラピストを輩出してきた実績があります。講義で学んだことを臨床実習で実践し、そこで見つけた課題や疑問を持ち帰り、学内でそれを検証し、トレーニングし、克服して、再び実習に向かうというスタイルで、プロとしての力が着実につくようカリキュラムを組んでいます。現場には実習指導の先生もいます。私たちが依頼している実習指導者は、全員がOCRの教育方針に共感してくださった方、理学療法士・作業療法士を目指す学生の目標や理想となるような方ばかりです。もちろん実習前には準備指導を徹底します。実習期間中も必要に応じて教員が帯同し、サポートします。少人数制で学生の皆さんとの距離が近い本校の先生たちは、何でも相談できる存在です。きっと皆さんの良き理解者となってくれるでしょう。

OCRには、年齢も経歴も異なるさまざまな人が一緒に学んでいます。みんなが同じ一つの目標に向かって切磋琢磨しています。心配はいりません。心に小さな火種があれば大丈夫、ともに頑張りましょう。皆さんの夢を応援する私たちの情熱もまた、熱く燃え続けているのですから。

学校長 越智 久雄

その他の学校案内